顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

固定孵化

数日前から固定孵化に精を出してました(固定孵化についてはググってください)

国際孵化に限らず色粘りは根気がいるので気分がノッてるときしかできないんですが、なぜかそのやる気が数日前から燃えてたんですよね。

ということで2ボックス、5ボックスと数を重ね11ボックスを超えた頃

続きを読む

雑記

■色違いミミッキュもらってきた
ポケセンで配布の色ミミッキュ、もらってきました(血涙)

というのも私のムーンにはもうすでに色違いのミミッキュがいるんですよね。

7世代(サンムーン)から色違いを孵化する方法に固定孵化という方法ができまして…詳しいことはググって欲しいんですが、ざっくりいうと一度色違いさえ出しちゃえば状況次第で生まれてくる色違いのボール、性別、個体値などなど…が固定できちゃう方法です。

さらにいうとこの固定孵化は生まれてくるポケモンも自由に変更できるので「このポケモンの色違い欲しいな〜」→「実物見たら思ったより好みじゃなかったから別のもためそ」ってこともできるんですね。まぁ詳しいことは調べて!

それでまぁ、この固定孵化が成功にした時に何種類もいるポケモンの中からヒドイデと悩みつつ、ミミッキュを選んだ訳ですね…。

(´・ω・`)

まぁやはり自分で孵化した色違いへの思い入れは配布のものを大きく上回りますから。こんなことなら別のを選べばよかったなんて悲しいこと言わず、しっかり可愛がっていきますよ!


ちなみに名前部分を隠してるのは映画ジャスティスリーグのチラシです。わかんないけど面白いと思うので公開されたら見にいきましょう(宣伝)

見てもらえればわかる通り、ラブラブボール入りの女の子です。かわいいだろう!!配布じゃ成し得ないですよこんなこと!!

性格もいじっぱりで概ね理想個体ですね(それを狙ったので当たり前だが…)しかし私のミスで攻撃がまぁまぁ……。

個体値はすごいとっくんできるからいいんですがね!!100レベにするのは少々めんどくさいのでせっかくですしウルトラサンムーンに連れていこうと思います。

ウルトラサンムーンにはムーンに4匹くらいいる色イワンコのうちの一匹も連れてくつもりです。


■最近のスプラ
最近はスプラスピナーをよく使ってます。いいですよ、スプラスピナー。

チャージが短いから機敏に動けるスピナーって感じでしょうか。連写も早いし射程も短射程〜中射程シューターよりは長いので余裕ぶっこいて真正面からぶつかってくるシューターなら割と返り討ちできます。

サブとスペシャルも使いやすい。クイボは安定の汎用性の高さだし、マルチミサイルも意外とキルできるんですよ。

連写のおかげで塗り性能も悪くないし、チャージも短いから隙も生まれにくいし。一週間くらい?スピナー担いでますがキル率も上がったし全体的に勝率と戦績も上がってきてる……。

メイン効率UPのかけらがたまってたので揃えました。初めて揃った!!

今のギアはオシャレ面でもなかなかだし気に入ってます。スピナー…いいな…ツイッターの検索サジェストではスプラスピナー 弱いって出てくるけど強いよ………。


※ うっかり逆さに飾ってますが母も同じことしてたのであるあるってことで

そういえば昔食玩で引いてたスプラスピナー(コラボ)

……フラグかな?

マイティマジソード見た

マイティマジソードのスペシャルを見ました。後半の方だけですが、面白かった。

このアニメめちゃくちゃテンポがいいですね。サクサク進むしナレーションもいい!w

渋めの声で「ここは戦士出張本部…」とか「なんちゃらマジソード!!」とかナレーションがあるんですが、これが「ここは戦士出張本部…って展開早っ」とかなったりする。なんかパワパフのナレーションを思い出すなぁ。

そしてナレーションも展開早っ!!って言ってしまうくらいテンポがいい。サクッと見れていいですね。

シリアスな展開も不穏な裏設定もなさそうな感じほんとスナックみたいな軽さで見られますわ〜そしてキャラがかわいい!

ってことでバンブルねえやん。最初は奇妙な絵柄だと思ったけどめっちゃ美人でかわいいバンブルさん。そしてだんだんバンブルねえやんのおっぱいとムチムチ下半身がエロく……いえ。

プロハイアス?くんもかわいい。海外アニメの人名は難しい。あれはヒゲだったのか。

そして個人的には2人の母親がツボりました。女戦士!ムキムキ!義足!!と要素はゴツいのに顔は美人だし夫とラブラブなのもよい。ニコルさんといい海外アニメの母親は…強いなぁ……。

そしてかわいかったのがミスペニーちゃん!!この属性てんこもり感がすごい。青肌!メカクレ!幽霊!縦ロール!お嬢様!そばかす!前歯!!愛が重い!!

1話限定のキャラだったらかなり勿体無いと思うんだが今後の登場はないのかなぁ。

やっぱり海外アニメ見てるとこういうキャラデザに出会えるからサイコーだぜ。

そしてマジソードのやっつけ感も面白い。正直いやいやそれマジソードって言ってるだけじゃん!?ってのも多いんだけどそこが面白い。

トマトマジソード!ドルフィンマジソード!ゾンビパンプキンマジソード!!

…そもそもゾンビパンプキンがなんなの?(ゾンビパンプキンマジソードくんはかわいいです)

2人の両親がブロッコリー農家でブロッコリーを育ててるだけでなくブロッコリー牛も育ててるとか、おいっていうと増えてシャンプーって言うと減るスライムとか、おばけマッシュルームとか、「なんなのそれ!?」って生物がファンタジーにかこつけて出てくる感じもいいねwやっぱ変な生物が出てきてこそ異世界ものだよ(?)

連動ゲームの方はやってないんですがそっちも好評みたいですし、早くレギュラー放送してほしいなぁ。

https://m.youtube.com/watch?v=IhqNL-yM1_w

そして宣伝の映像でジェイクとガムボールがガッツリクロスオーバーしてるのが最高。

今月のスティーブン

感想まとめ


ネタバレ注意!!

二ヶ月分いくぜ

続きを読む

アドベンチャータイムニューエピ

今更ながら感想。八月放送のサブキャラスペシャルのニューエピ談。


※ ネタバレ注意。



====





「ジェームズバクスターの幸せ」

再び登場ジェームズバクスター。ボールに乗りながら「ジェ〜ムズバクスタ〜〜」と喋る芸をしています。え?それだけ?と思うでしょう。それだけで人を幸せにしちゃうのがジェームズのすごいとこ。フィン達も大ファンで、特にフィンからしたら憧れの人でもあります。

そんなジェームズが芸に使っているビーチボールを壊してしまう。壊れたビーチボールを見て落ち込むジェームズ。ジェイクとビーモが代わりのビーチボールを探しにボロボロプリンセスの王国で探す間フィンはジェームズの面倒を見るんですが、これがもうかわいいの。

ビーチボールが壊れてから言葉や表情は希薄でも落ち込んでるのがしっとり伝わってくるジェームズが痛々しい。ビーチボールが壊れて「ジェームズ?バクスター?」ってなってるとこはポケモンか!ってなったけど。「ジェームズバクスターは名人だぜ。名人にはそれなりの道具がいるんだ」ジェイク、いい言葉だ。

芸で人を幸せにするジェームズはフィンの憧れの人(馬)なので、フィンも緊張しまくり。「バクスターさん」とか「信じられない…ジェームズバクスターがうちにいる…」とかフィンの反応がかわいらしい。

献身的にお茶を入れたりサンドイッチやスープを作ったり体を拭いたりする1つ1つの動きが可愛らしいの。個人的に好きなシェルビーも久々に登場したしねw

そして自身の過去を振り返るジェームズ。かつては馬の街に暮らしていました。

馬の街は発達しているけれど仕事をする人はしきりに頭を下げ、人々(馬)は怒号を飛ばし、お金のない人は缶をぶつけられる始末。どっかの国みたいだな

それが嫌になったジェームズは街を出て行くことにします。お金を全て捨てたけどスッキリした顔をするジェームズ。そこで出会ったのがビーチボールとコウモリの赤ちゃんでした。

泣くコウモリの赤ちゃんを玉乗りの芸で笑わせたのをキッカケに色んなところでその芸をしはじめます。そして「ジェームズバクスター」というのが「GAMES」「BOOKSTORE」だったという衝撃。

ジェームズの芸を見るとみんな笑顔になりジェームズを賞賛する。その中でコウモリとは離れてしまいますが、それでも人を幸せにすべく旅を続けるジェームズ。そしてさっきあの瞬間、ビーチボールが壊れてしまった。その時のジェームズは一体何を思ったのか。

人々が謝り、怒り、悲しむ世界。それが嫌で飛び出してきて、みんなを幸せにするジェームズ。ずっと共に歩んできたビーチボール。ジェームズにとっては商売道具であり、旅の仲間であり、思い出の品でもあります。それを全て一気に失ってしまった。

ところでジェームズが芸を見せてる時の動きって妙にアニメーションが細かい気がするんですよね。細かい動きでぬるっと動く、気持ちのいいアニメーション。他のキャラや芸をしていないジェームズはそうでもないので、やっぱりあれはジェームズの芸の気持ちよさを視聴者の私たちにも伝える素晴らしい演出というか。(どうやら「ジェームズバクスター」さんというディズニー映画も手がけたアニメーターさんで、この回のゲストアニメーターだったんですって!)

そんなジェームズに憧れるフィンにもちょっとしんなりしてしまう。初期から何年もたち、無垢な少年だったフィンはティーンになり、数度の失恋や父の裏切りや腕も失いました。

そんな中でフィンは変化と成長を続けてきて、変わった部分はやっぱり大きいと思う。そんななかで幼いフィンが憧れてきたヒーロー像も変化している。あるいはフィン自身がヒーローになったのかもしれない。

少年から青年へ、そして大人になろうとしているフィンが、当初に憧れ続けていたヒーロー像である「人を幸せにする」ジェームズに憧れているのが本当…。

それとビーモが可愛い。ビーモはあのチップス&アイスクリームといい、こういうの好きですからねぇ。

ボロボロプリンセスにはこんな大きな王国があったのも意外。ツリートランクの家の前でリンゴの木のカカシをしていたりしてましたから王国や家はないのかと。まぁプリンセスと言うからには王国や国民はいるんでしょうが……。

今回の回、ボロボロプリンセスの行動も少し意外と言うか。一回ビーチボール隠してるんですよね。これはどう言う意味なんだろう。もしかして途中で旅立っていったコウモリの子が後のボロボロプリンセス…だったりするんだろうか。それはないかな。

ポエマーボロボロプリンセス。かわい。

「君は世界でたった一頭しかいない素晴らし〜い馬だ。君はそこにいるだけでみんなを幸せ〜にしてくれる。だから失ったものはもう忘れてしまおう。ジェームズバクスターがジェームズバクスターを幸せにするときがきたんだ!!

素晴らしい名言。フィンが言うからこそ力と想いがこもってる。

その言葉で立ち直ったジェームズ。ひとりでに踊り出すジェームズの可愛さといったら。

やっぱりぬるっぬるっと「ジェームズバクスター ンッンッンッンッ」って小気味いいテンポで踊るジェームズ。

「誰のために踊ってんだ?」「あれは…多分自分のためだよ」


「キャンディのパワー」
「元素の女」からあらたなパワーをもらったスライムとバブルガム。思うままにスライムを発射できるスライムプリンセスにくらべて、上手く力を使えないバブルガム。科学の力で分析したりペパーミントバトラーの精神療法(?)でも全然ダメ。

ここのバトラーがかわいいのよ。ペパーミントバトラーとバブルガムの関係っていいんですよねぇ。科学と黒魔術というやってることは真逆なはずなのに、お互いに対する信頼感(バブルガムはバトラーの黒魔術のこと知らないんだろうが)従者として生み出されたのだから仕方ないのかもしれないけど、バトラーはやっぱりバブルガムの想像の外で動いてる感じ?国民を管理したがるバブルガムだけど、バトラーはその枠から外れてるというか、それでもウーの王様がキャンディ王国乗っ取った時に唯一付いてきたキャンディピープルはバトラーだけだったし、本人が本人の意思で仕えてる感じがいい。バブルガムとバトラーは主人と従者という関係でありながら、親と子のようでもありますよね。バブルガムがバトラーを生み出した親であり、バトラーはバブルガムを支える親のようでもある。バトラーはバブルガムを支え、励ますことはできるけど、最終的にそこから踏み出すのはバブルガムと他の仲間の力…みたいな?

そしてバブルガムはやっぱりキラキラしたプリンセスっていうのも魅力的だけど「チッ、余計なことを」って舌打ちしたり、「さむっ」とか、どちらかというとキラキラしたプリンセスってよりは等身大の若い女の子って素が出てる?時の方が魅力的なのはなんなんだろうか。そういうキラキラしたとこだけじゃなく科学者だったり十代の女の子だったり色んな面を持つバブルガムはすごく魅力的。そしてそれらのどのバブルガムも見事に演じきれる、日本語版CVが田中理恵さんでよかった。

不思議な図による夢?催眠?で過去のキャンディの元素であるチャッツベリーと対談し、キャンディの力をある程度操作できるようになるバブルガム。

「おみごと!」「素晴らしい!」ってペパーミントバトラーの掛け声もイイ

「これでお互いに元素パワーを持ってることがハッキリしたから、もう自慢話をする必要はないわよね」「自慢?あなた嫉妬してたわけ?私のスライムに?」「褒められすぎなのよ」「あなたの元素パワーはキャンディじゃなくて嫉妬なんじゃない?」これねー複雑だな。

スライムは自慢とかじゃなくただ同じ元素の仲間として話したかっただけなんだろうけど、それがバブルガムには嫌味にしか思えなかったし、今まで気にしてなかったことに向き合うキッカケになった。それがバブルガムからしてすごくもどかしいものだったから余計に。

バトラーはカウンセリングもできるのかな。

氷でできたあの…「好きな数字を答えて?」「3」「123…◯◯くんと結婚する!」「「キャー!!」」ってやるアレに襲撃されるキャンディ王国。王国を守るために力がパワフルになったものの、そのせいで国民が少なからず被害にあってしまう。

「君のためにドアを開けることはできるが、実際に足を踏み入れ進んでいくのは君自身だからね」

頭の中で化学的に考えてソーダとミントキャンディ、それによる爆発を起こすことに成功するバブルガム。チャッツベリーのセリフも合わせて、ここがいいのよ〜。バブルガム自身が自分で解決したことに意味があるんだろうな。

しかし爆発とそれにより飛び散った氷をもろに受けてしまうキャンディピープルと王国。キャンディピープルは爆発=バブルガムを怖がったり、怪我したりひどい有様に。そしてそれを見たバブルガムは自信を喪失してしまう。

やはりこれは再び元素の者たちが集まることを望む「氷の元素の女」の仕わざでしたと知ってた爆発の時に人影が見えたしね。「静かにしてくれんか!?明日が仕事のものもおるでの!!」アイスキングwwwペンギンのこと?仕事とかあるのか…??アドベンチャータイムにおいて一番悲惨で狂ってるといっても過言でもないのに、こういう回のこういうアイスキングにはちょっと癒されてしまうw

それにしてもこの世界で「氷は狂うもの」みたいなとこあるのかな。エバーグリーンも他の元素の者たちの意見を無視して王冠を作ったし、元素の女も他の元素の者を無視して自分だけ生き残った。厳密には元素の者ではないけど、アイスキングもそう。

ところでフレイムは元素の女から力を授かってないですが、平気なんですかね。まぁ、そもそもフレイムに限らずファイヤー王国の人間はみんなあぁいう力を使えそうではある(フレイムは普通に手から炎出せるし)

スライムもバブルガムも、力を手に入れたことでちょっと調子に乗ってるんですよね。そしてバブルガムはそれで結果的に自信をなくす。スライムは大丈夫なんだろうか。

スライム、最初はフィンに求婚したりしてたのに「昔はあなたに夢中だったけど…(今はそうでもない)」とか、今回とか、だんだんアレになってくな。


被害を受けたキャンディ王国も含め、先が不安になる終わり方。ところでこれ、日本語版の放送順ではイカした孫娘/私の夫はエイリアン(#122)から出航/幸せなウィップル(#124)の間に挟まる#123なんですね。

あの長編は中々辛くてあのあと普段のアドベンチャータイム節に戻るのか心配だったんですが、現時点ではその後のエピソードは出てないと……。

次のニューエピはジェイクの日スペでしょうか。紹介で母親との再会がどうたら書いてあるので不安と期待が入り混じる気持ち……。

フェス

フェスお疲れ様でした!!


カップルだァー!?

綺麗な夜景

生まれた時から芋好きな私はもちろんポテトに投票しましたよ。スプラ2では初のフェスなわけですが、前作と比べて同じチームと対戦になった時変わった色がマッチングされるようになりました?


渋い


ピンクと紫とかも綺麗でいいよなぁ。

ポテトが赤インク期待したのにオレンジ、ナゲットが紫インクだったんですが、同じポテト同士でもどっちかのインク色が紫よりだった気がする。逆にナゲット対ナゲットだったらオレンジだったのかなぁ。

いただいたサザエはとりあえず世話になってるギアのギアパワー枠追加とちょっとギアガチャに使いました。


ギアガチャで闇を見るとこだった

ところで今作ではコインでギアガチャ回せないんですね。危ない危ない。サザエ使い切っちゃうとこだった。

まぁ一応スロットクリーニング→バトルでギアつける→クリーニングって方法で厳選できなくもないですが……いかんせん時間がかかる。

最近は中々調子が出なくて、負けてばっかなんですよねー。もしかしたらブキと相性が悪いのかも……と思いましたが、前作からずっと連れ添ってきてるボールドマーカーコイツはなるべく手放したくないものです。

ところで最近はマッチングでボールドマーカーを見かけることが増えた気がしますね。なんだかんだ一戦に自分含め2人くらいは見てる気がします。ボールドマーカー流行ってんのかな。

いいですよ、ボールドマーカー。クセは強いですが慣れると手放せなくなりますよ。

強いですが、厨ブキってほどでもなく、ちょうどいいです。

サブとスペシャルも、カーリングボムで道作って緊急回避にスーパーチャクチって感じで。スーパーチャクチで仕留められるくらい近づいたら普通にメインで倒せる気もしますけど、追い詰められて逃げる時にも使えるのでね……。

しかし調子が出ない出ない。前作では2桁キルとか割といけたんだけどなぁ……腕が鈍ったか。

久々にリールガン使ったらちょっとは勝率上がった


KAWAII

ワンダーウーマン見て来た

見て来ました

※ 軽度のネタバレあり







面白かった。面白かったけど、予想とはだいぶ違ったかな。「美しくぶっとばす!」とかいうから見終わったあとの余韻が「ダイアナサイコー!!ワンダーウーマンサイコー!!!」系だと思ってたら……しっとりじゃないですか…………確かに美しいしぶっとばすけれども。

この映画最低でも二回は見ようと思ってたんですよ。吹き替えと字幕で。でもあのシーンをもう一回見るんだと思ったらなかなか覚悟がいりそう。いや、ちょっと泣いたし大好きだしBDだったら数度巻き戻して見てるレベルのシーンですが、もう辛すぎる。

スティーブがいいキャラしすぎなんですよね。

個人的にスティーブはめちゃくちゃ顔がいいと思うんですよ。ハンサムというか。ちょっと危うくて頼りなさげなとこもあるにはあるんだけどそれでも覚悟を決めたりもう……お前は漢だよ。

真実の縄をわざと腕に巻いて嘘じゃないことをダイアナに証明しようとして「(自分の口から出た"真実"に)最低だ!」ってシーンとかちょっと茶目っ気があって笑った。というかスティーブは身振り手振り大きくて結構全身で話す感じもかわいい。

全体的にめっちゃ重いけど、だからこそちょっとコメディっぽいシーンで癒されましたね。スティーブの秘書もいいキャラしてる。ダイアナのお着替えシーンテンポもいいしすっごいおもしろかった。

というか登場人物みんないいキャラしてる気がして来たぞ。

サミーアとチャーリーもいいのよ……というかサミーアはCV多田野曜平な時点でいいキャラ確定でしょ。多田野曜平さんが演じられてるキャラクターって悪人でもそうじゃなくともすっごいいいキャラしてる場合が多い気がするんですよね。キャンディ大王とか、グレッグとか。ガムデンのパパとかw

2人ともそうは見えないけど実際すごい実力があるのもいい。それでもサミーアが本当は役者やりたいとか、歌を歌いたいとか、なんか切ないなぁ。

酒場で出会ったのも合わせて、ラプンツェルを思い出しましたね。ラプンツェルにも酒場の悪い男たち…に見えて実は夢はピアニストとかパントマイマーとか出てくるんですよ。

侵入者(ハンサム)に連れ出されて外の世界に初めて触れるプリンセス…って点では似てるのかもなぁ。もちろん根本的には全く違うんですが。

しかし多感な時期の人間が見るもんじゃないかもしれない。色々考えすぎる。かれこれ8年くらい多感な時期やってる人間が言うから間違いない。生命とは…人間とは……ってことを日常的に考えてる人間からしたらその辺の思考スイッチオンになっちゃいますよ。


ダイアナは本当の愛を知らないのではなく、本当の愛がわからないのではなかったのかと思います。


ダイアナが島の仲間たちや外の世界の人間に抱いてる守りたい、救いたい気持ちや慈しみはもちろん本当の愛なんだけど、ダイアナにとってそれは普通のことで、当たり前に誰にでもある当たり前の感情で、自分に与えられるものもそうだと思ってて……。

でも最後のシーンで"理解ったわかった"のではないのかな。自分が世界に向けているもの、そして自分に向けられているものこそ愛なのだと。多分。まだ一回しか見てないしわからないけど。

母のヒッポリタがダイアナを戦いから遠ざけようとしたのも、アンティオペが戦いを教えたのも愛だと。

最初はわからなかったけど、これはダイアナがブルースからJLの勧誘を受けて、改めて過去のことを振り返り戦う理由を再認識する、そういう意味でJLに繋がる映画だったのかな。そしてJLの予告とか見てるとダイアナの安定感がすごすぎる。

安定感というかな。ブルースがスーパーヒューマン探したり勧誘したり断られたりしてるのを横で「どうだった?」って聞いてる感じ。

この映画を見たあとBvSを思い出すと、天然というか外の世界慣れしてなかったダイアナが、今は立派にスパイやったりタブレットPCを使いこなしたり現代に溶け込んでるのが本当……たまらない気持ちになるね。

だいぶ気が早いですが、BDが楽しみになって来ました。あれ特典映像ついてくるじゃないですか。それが見たい。

オフショットというか、あのキャストがワチャワチャしてるとこが見たくて見たくて………スティーブとダイアナを見てしまったら泣いてしまうけど。

おもしろかったよ……ワンダーウーマン………スティーブが頭から離れない………。