顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

ぽけごとムックル

(この記事は10月に書き出したものです)

先日、ついにポケモンGOをはじめた。なぜかというとシンオウポケモンが追加されたからだ。

つまり………10年来の相棒であるムックルがとうとう現実(AR)に現れる日が来たのである。




ってことでムックルが現れるまでの数日プレイした感想です。




ポケモンGOをはじめた
最初のポケモン(?)はフシギダネにしました。まぁでも正直根っから引きこもりな自分。家から動かないアバターにまず笑う。

しかし家の周りには意外にポケストップがあり、よく知った場所や知らない場所がポケストップとして表示されているのが新鮮です。

ところで、私が住んでいる県は全国の中でも寺院がトップに多いらしく、実際近所にもいくつもお寺や神社、お地蔵様があるのですが、その一つ一つがポケストップになってました。コンビニ等はポケストップになってる店舗となってない店舗の差が激しいのに寺院はほぼ確実にポケストップだったので、こんな所で思わぬ徳が。やっぱり最後に救ってくれるのは神様仏様ですよ…(?)

だがしかし、やはり私のような引きこもりヒューマンには少々厳しいゲームである事も事実。

珍しいポケモン欲しいポケモンが近所にいる場合、中々のフットワークの軽さが求められるわけです。

まあ、すぐ家を出ればいい話なんですが、正直私は近所にポケモンがいたとして『めんどくさい』『家から出たくない』『そもそも徒歩で向かってるうちに逃げる』となってしまう。

実際近所といってもすぐ向かうには少々遠かったり、知らない場所であったり、時間帯が悪かったりするわけです。

深夜に少し離れた神社に行けとか言われても無理ですもん。

それに結構ポケモンがその場に留まる時間はシビアで、車移動だったとしても『あっ!あの公園にいるじゃん!!』って向かっても間に合わなかったりもします。( ※ 私は運転者ではありません)

そんなこんなでムックルのシルエットが浮かんでは消えるのを見つめる日々………。


●母の知り合い「ムックルめっちゃ出ますよ」

運命は唐突に動く

!!!!!!

ということで開始から数日で念願のムックルを捕獲できました!!

起床してから当時の日課だったポケGOチェックをしたらその日の目的地の近くにいることがわかったので、急いで駆けつけてなんとか捕獲に至りました。

中々出会えなかったとはいえ、所詮は序盤鳥。元から出現率はそれほど悪くなかったらしいのです。実際この日以来ポケGOを開くことはグッと減ったものの12月までで6匹捕まえられました(多分これでもかなり少ない方だと思います)

やっぱり…出現した瞬間と捕まえた瞬間はすごく興奮した。

もちろんいつものポケモンでも好きなポケモンと遭遇した時はそれはそれは興奮する訳ですが、実際自分の足で向かって自分の手で捕獲するとなんだかそれとはまた違った高揚感がある。


ポケモンはゲームの中の存在で、ポケモンGOもまたそのゲームの一つです。それは結局今も昔も変わらない。

だけど、幼少期は心の、それも比較的現実に近い場所にポケモンは存在していたように思う。

道の草むらからポケモンが出てくることを想像したり、ギャロップと共に走ったり、ムクホークの背に乗って大空を飛ぶことを夢見ていた。一種のイマジナリーフレンドのようなものだったかもしれない。

例えゲームの中のデータだとしても、確かに彼らは私の世界にあの時存在していたし、私はそれを今になっても大切にしているわけで。

ポケモンは、基本的に自分から見つけに行くものだ。捕まえたければ出現する草むらへ入る。逆に入らなければ出会うことはありません。

でもポケモンGOは結構運に左右されるところが多い気がする。欲しいポケモンが近所に現れるか分からないし、逆に好きなポケモンがヒョッコリすぐそばに出てきてくれることもあるし。

だから、なんか向こうから会いにきてくれてる感じがする。こっちがポケモンに触れるのではなく、ポケモンがこっちに触れているような。シンプルにワクワクする。

アニポケで言う所の草むらで偶然出会ったポケモンがパートナーになる的な。そういうロマンもある。


とにかく、あの瞬間ムックルが現実のすぐそばまで来ていた気がするんだよなあ。


DPにおいてムックルは一番最初の草むらで、大体一番最初に出てくるありふれたポケモンです。

DPじゃなくとも大抵は遭遇する事も捕まえる事も簡単なポケモンだと思う。

それなのにこんなに手を焼いて、こんなに時間がかかって……。

新鮮というか。でもムックルのためにそこまで苦労できた事がなんだか嬉しい。

スマホの基本無料ゲームという制約が、逆に良かったのかもしれない。


ともかく、無事にムックルに出会えた安堵、それととりあえずの目標を達成した事によりこれ以降ポケGOを開く機会は明らかに減ったんですが、それでも良い体験だったと思います。

それに、まだムクホークにするという目的があるので!このままのペースではいつになるかわからないもののこのムックルちゃん(♀でした)を立派なムクホークにするまでゆっくり頑張ろうと思いました。