顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

ユニキャット とかOK.KO

ちょっと前から日本でも放送されてるユニキャットとOK.KOを何話か見たのでとりあえず感想〜


ユニキャットもOK.KOも、どっちも面白くて個人的には今のところ気に入ってます。



ユニキャットはレゴムービーが元ネタ(?)みたいで。レゴの映画はバットマンしか見たことないので細かいことは詳しくないですが、良くも悪くもすごい海外の子供向けアニメ〜って感じですね。MLP系。ガムボールとかでめちゃくちゃネタにされそう系。

話の感じも本当に子供向けなのか、子供向けアニメってこんな感じだよねーってネタなのかちょっとわかりかねる感じですが、とにかくユニキャットがかわいい!!!

日本語版CVの内田真礼さんの声が想像以上に可愛らしくて、コミカルに感情表現も激しく動くユニキャットがすごく可愛い。ワッフルの歌とかも可愛さの破壊力がすごかった。

話自体はそこまで印象に残るわけじゃないけど、ユニキャットの可愛さでめちゃくちゃ加点されてる感じ。



OK.KOも好きです!世界観やキャラのインパクトも大きいけど、個人的にはアニメーションがめちゃくちゃ好きです!!たまにすごいキレがいい動きするんですよね〜〜

このエイリアンも普通にいて誰でもヒーロー稼業出来る(?)し、悪の博士はすぐ近くに工場持ってるし定期的に襲ってくる。そういう割とハードな世界観で舞台がヒーロー相手に商売するショッピングセンターなのが絶妙にゆるくていい。

レベル2とレベル1の間に果てしない壁がある感じとか、主人公のKOが本当にただの少年なところもいいですね。最初からすごい力を持ってるわけじゃないしそう簡単にレベルアップさせてくれないのが、現実離れしたヒーロー社会でもちょっと現実的で寂しい。そこがいい。

1話の上手く戦えてるつもりなのにボッコボコにされるKOとかも、見るだけなら簡単だけど実際あんな風に体動かせないよな〜ってアクション映画見る時と同じこと感じた。

一見高いようには見えないレベル2や3のラッドやイニドはビシビシ動いて戦ってるあたりもそこに壁を感じるんですよね。レベル2であんな動きを要求されるなら10や30なんてどうなっちゃうんだろう?っていうゲームとかだと簡単に到達できちゃうレベルに感じる重みというか。

キャラクターもいい。ラッドもイニドもいいキャラしてる。イニドさんとか、結構ツンケンして友情とか努力に一見興味なさそうなのに案外KOに絆されちゃう可愛らしいお姉さんって感じ。

個人的に好きなのがKOのママのキャロルですね!!息子思いな母親で何か過去に秘密が多そうな美人なのがいい。ニコルといいカートゥーンの母親は強い。

「あんたも努力すればヒーローになれる」「自分の子だからそう言うんでしょ?」「そうかもね」みたいなKOとのやりとりもとても好き。

店主のミスターガーも厳しい人だけど、キャロルとの関係があるからバランスがいい。ムキムキで裸ネクタイでサングラスかけたワイルドなスーパーヒーローで従業員も逆らえないほど厳しい人なのに、惚れた女には勝てないのかキャロルの前では借りて来た猫みたいに大人しくなったり逆らえなかったり赤くなっちゃうのが非常に可愛らしい。

ただ厳しくて怖い人ってだけじゃなくて、そういう弱みもあるのがとっつきやすいしニヤニヤしちゃう。にしても主人公のKOからしたら上司で自分の母親に惚れてる、って結構複雑じゃなかろうかw

敵のボックスマン伯爵も小物っぽく見えてちゃんと悪役な残酷さがあるし、「十代の甘ったれ娘に何かいい案があるのか?」とかセリフや立ち振る舞いがカッコいい。友情を憎んでる訳も「人間がみんな仲良くなったらうちの戦闘ロボが売れなくなるから」って理由なのもなんかいい。バットマンと言い間違えられるネタも笑いましたw

動きもネタも回を増すごとに面白くなっていくのでこれからの回がとても楽しみ!