顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

ぼくはクラレンス!の「女の子と電話」ってエピソードが好き

タイトルのまま。ネタバレ注意。
















「いたずら電話をして遊んでいたクラレンスは、電話に出たベラという女の子と仲良くなる。そして毎日ベラと電話をするようになったクラレンスは、スーモとジェフの誘いも断っておしゃべりをし続ける。ところがベラの誕生日を忘れてから、ベラに電話をかけてもつながらなくなってしまい…。(カートゥーンネットワーク公式サイトより引用)」

クラレンス、ニューエピを熱心に追ってるわけではないんですが、あの独特の雰囲気というか世界観がクセになってしまうんですよね。

そしてグッとくる話も多い。この回もそういう回だった。

クラレンスとベラの電話を通した他愛もない会話がなんだか優しくて。顔の見えない相手とのコミュニケーションというのか。青春時代をSNSで過ごしたネット世代の1人としては色々思うところがありました。

顔の見えない相手は信用するなと教えられる時代に顔が見えないから伝えられる想いを描きつつ、実際に会って対話する尊さを「こうやってお互いに見せたものの匂いを嗅げるってすごくない?」って表現できるクラレンスの感性が本当に素晴らしいと思う。

メアリーも否定しないというか(盗み聞きしつつ)暖かく見守ってるのがね。というか海外では電話の盗み聞きって結構できるのかな…。母親同士が仲良くなっちゃうのもなんかリアルだわーw気づいたら疎遠になった友達も、母親同士は未だに仲良いとかよくありますからね……(遠い目)

ジェフとスーモとの関係が疎かになるシーンはちょっと辛かった……でもこうやってのめり込んじゃうとこも、なんかなぁ、自分もつい夜更かししてチャットルームにかぶりつきとか本当によくやったわ………0〜(¦3[___]

誕生日を忘れちゃったクラレンスの留守電も、泣きじゃくり方でクラレンスの純真さと優しさがよくわかってすごく好き。クラレンスの落ち込み方とか、実際に会えるって知った時の喜び方とか……クラレンスのこういうとこの描き方素晴らしいと思う。なんというか、心にグッと刺さるとこがある。

ベラちゃんも、シャイで人見知りなのがよくわかる子だけど、そんなベラちゃんの心を溶かせたのもクラレンスだからだったんだろうなー。

言葉にしようとするとなかなか上手く書けないけれど、すごく大好きなエピソードです。


Bパート(?)「セミの一生」も結構好きだったり…。セミはすっごく苦手でデフォルメされてても見るのがしんどいんですが、この回はなんか平気でした。そしてこういうオチがついちゃうのがクラレンスらしいw