顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

指を切った話

もう治って来たので書きますが、一ヶ月ほど前に指を切りました。その時の話をしようと思います。


皆さんは料理とかしますか?料理と言っても色々ありますよね。最近だったらレンジで温めるだけだったり鍋で煮込むだけだったりもしますし、野菜を切るとこだけ手伝ってる人もいるんじゃないでしょうか。

調理には包丁は欠かせませんよね。そして包丁は硬い野菜も切れてしまう鋭い刃物なのに、慣れたら結構雑に扱っていませんか。

そうです、私は調理中に怪我しました。

調理中。スパーンと。指先を。

こうして書くと不穏な感じですが、切り落としたりはしてませんよ!?

ただ、結構刃物が深く入りまして。

ヤバイヤバイ、やってしまったと。

幸いその時は家族が家にいたので素早く止血し、応急処置することができましたが、その後数時間経ってもガーゼを剥がすと血が湧いてくるような状態でした。

ガーゼを濡らすわけにはいかないし、万が一濡れたら激痛が走るんじゃないかと。しかし生活上手を濡らさないでいるなんて無理なので…。

怪我をすると、した瞬間の痛みよりもその後の生活の大変さや不安の方が勝ってしまうんだなと思いました。

小学生の頃、後ろの席の子が図工の授業で手を切ってしまったのを見たことがあるんですが、ポタポタ垂れる血と次第に騒がしくなる教室と裏腹に、その子は平然とした顔をしていたのが印象的で。

その日早退したその子は次の日も普通に学校に来たのですが、病院に行って縫ってもらい、正直麻酔と縫う時の方が痛かったと言っていたのを今もハッキリ覚えてるんです。

自分も指が切れた瞬間あまり痛くはなかったなぁ、止血のためにグッと握ってたからかなぁ。

その子のことを思い出してると次第に自分と重ねて行って…。

病院に行った方がいいのかな、でも縫うのは嫌だな。

とか考えてくうちにだんだん不安になってくるんですよ…。

というのも私は痛いのが本当にダメなんです。いや、痛いのが得意な人間の方が少ないですが、私は特に肉的な(?)痛みが想像するだけで吐き気が起こるくらい苦手なんですよ。

例えばピアスですとか…人が開けるのはまだしも、自分が開けるのなんて想像するだけで気持ち悪い、針を皮膚に通すなんてありえない!

だから絶対縫うのは嫌だったわけです。不安なのは縫うことだけじゃありません。私の経験上ですが、医者っていうのは容赦ないんですよ。

そりゃあ患者の命を預かっているわけですし、詳細に調べることが早期発見に繋がるのもわかるのですが…とにかく傷を触られたくなかった。

まだ出来立てで血が湧くレベルの傷を見せて、お医者さんはその傷付近を触るわけです。

場合によっては少し開いたり薬(染みる)を塗られたりもするかもしれない…。

その時はガーゼ剥がす時も傷を直視できなかったし、固まった血液がガーゼから離れる微妙な痛みですらキツかったですから、そんなん冗談じゃない。

しかも縫うことになるかもしれない。となると麻酔を打たなきゃならない。でも麻酔打っても痛いって聞くし。そしたら抜糸もしないといけない…。

傷を塞いでいた糸が抜ける感覚を想像して少し吐きそうな気持ちになったり。

しかし病院に行かないのも不安だった。行かずに悪化するのも怖いし。

そんなことを考えては不安に震える夜を数回過ごしたわけですが、それもある日吹っ切れちゃいました。

「こんな傷で死ぬわけない」って。

「死ぬわけない傷なら自然に癒えるのでは」

そして己の治癒力を信じて来たわけですが、数日前から絆創膏も取れて、今かさぶたが剥がれました。

まだ完全に完治したわけではないと思います。傷を抑えたりすると少し痛みますし。

しかしかさぶたが剥がれた後にはもう新しい皮膚が出来ていて、切れていた皮膚もくっついたように思えます。

いやー、自然に癒ちゃったよ。

本当、切った直後はすごく不安で精神面でもすごく辛い要因だった傷は、案外あっさり治っちゃったのでした。

でも包丁だったから鋭く切れて痛みも少なかったし、傷も早く治ったのかもしれない。

病院に行かなくても大丈夫ってわけではないです。今回の件とは別件ですが、私も病院に行ったから救われたことはあるし。

ももし怪我して病院に行ったり縫ったりするのが不安でも、なんとかなってしまったって話です。

病院に行った方が早く治ったのかもしれないしね。

この一ヶ月間、なるべく右手を使わない生活は大変だった…利き手ではないけど、私にはあくまで利き手は食べたり書くときに使う手ってだけで、右手を使うことのがむしろ多いくらいなので。今もキーボードタイプしてるけど、右手はいろんな指使うのに対して左手はほぼ人差し指しか使ってないですしね。

怪我するとむしろ精神面で辛いってのはよくわかったし、包丁の使い方を考えるいい機会にもなりました。

鋭い刃物に、柄をつけただけで奴らの手綱を握った気になるなってことでしょうか。

トラウマってわけではないですけど、今も包丁を握ると少し気が引き締まりますね。でもそれでいいと思います。

自分も危なっかしい使い方してたと思うし…。

そして万が一手を切ったらすぐ止血!ガーゼ巻いてグッと抑えて手を心臓より上に。

それから余裕があれば病院に行きましょう。

なにより家族がいたから良かったけど、1人だったらどうなってたかと思うと肝が冷えます。冷静に考えるのも難しかったかも。

救急箱は大事。

皆さんも気をつけてくださいね…。