顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

今更ガムボールニューエピの話

今更感はあるんですが、やっぱり書きたいと思ったので!




※ いつも通りネタバレ注意











====












「アランの野望」

初っ端からアランで吹いた。何度も言ってるけどアラン推しなんですよね!!

自分のカバンと間違えてアランのカバンを持ってきてしまったガムボール。その中のUSBを面白半分で見てみたらクサい詩や写真の他に「生徒会長になってこの学校、ゆくゆくは世界の征服」を目論むデータが入っていた…という話。

今まで本当に裏のない、いいやつというキャラでやってきたアランの裏。闇?

何より注目して欲しいのは「Alan Keane」(アラン・キーン)というアランの本名が初めて本編で出てきたとこですよ!

記憶が正しければ去年の3月あたりに製作者のツイッターで(アランの苗字はなにという問いかけに)「keane」と発覚していたんですよね。日本語版は一年くらい遅れてるし話数も原語版とことなるのでこの回とどっちが先か怪しいんですが…。

いやぁ、この時は好きなキャラの苗字が急に発覚したので狂喜乱舞でしたよね。

というわけで、アランくんの苗字は「Keane」(キーン)でございます。

本編の話に戻すと、まぁ、アランのUSBの中身漁るのは色々とドキドキしますね…にしてもカバン大きすぎない?紐とUSBしか入ってないのよ?

ここも興奮するんですがね。アランにとって紐は衣服である、取り外し可能である、という事実。

野望の内容も壮大に言ってるけど結局「人を明るくしたい、笑顔にしたい」ってことなんですかね。

人々を守るためにエルモアを征服したダーウィンといいスモール先生といい、ガムボールの善者(?)キャラはどうしてこう世界をよりよくしようとして迷走するんだよ!!

しっかしなんだな、肝心のアランの世界征服までの計画はなんというか…年頃ゆえのものかもしれませんがね!

本気で実行するというよりは、寝る前の妄想みたいな。プロセスや成し遂げた自分を考えていい気になってテンションをあげてく感じ。

武◯壮の動物の倒し方、的な。

これは数年後に見直して赤面案件なんじゃないだろうか…。

アランは裏のないようないいヤツだから好きなんですが、もしそんな裏が本性だったとしても幻滅することはないと思うし、化けの皮を剥がせないことがアランの魅力なのかもなぁ。


「運命の出会い」

号泣必須の感動秘話。「僕らが家族になったわけ」がワタソン家・オリジンだとしたらこの回はそれよりもっと前でそれから現在の話、みたいな。

仕事、家事、育児に追われ、どうしてこんなことになったのか、もっといい未来はなかったのか、思えばリチャードに出会ったのがはじまりだったとリチャードと出会わなかった未来を考えるニコル。

そしてリチャードと出会った日、小さい頃のニコルの話になるんですが、これがね、すごい。

ニコルの両親、満を持して登場ですね。一応今までも父親は声のみ出演してたんですが、定期的に遊びにきて誕生日のお祝いしてたり子供たちの面倒をみてる描写があるジョジョおばあちゃん(リチャードのお母さん)と比べてニコルの両親はほとんど出演がなく、父親の声色も厳しそうな感じだったので厳格な親に育てられて絶縁レベルで家出したのではと思ってましたが、案の定。予想外だったのは父親より母親の方が厳しそうなというところでしょうか。

ニコルの「勝ちにこだわる」性格はミスシーミアンの「負け犬」呼ばわりからだと思ったんですが、母親譲りというか、両親の教育によるものだったんですね。

というか、ミスシーミアンは色々アレとはいえ割と悪い人ではないのかもしれない。負け犬呼ばわりしつつ、なんだかんだニコルのことを見守ってるし、愛情の裏返しかも…とは考えすぎですね。

空手の大会に遅れそうなニコルは走って会場を目指しますがそこで道に迷い、リチャードに出会います。

ではこの時別の道を選んでいたら?

ここがすごい。ニコルはリチャードと出会うまでに、通りたい道が工事中で、バナナボブの歌を聞かず、ハロルドの誘いに乗らず、スモール率いるハグ集団を無視し、蝶を踏み、不良集団のとこをスルーしてるんですね。(バナナボブはバナナジョー、ハロルドはトバイアスの父親)

もし、工事をものともせずに突っ切ったら。大会にも勝ち、その後両親が望んだような勝ち組になるけど、その分憎まれる。

もし、バナナボブの歌を聴いていたら。その後バナナボブと結婚するもののバナナと聞きすぎて精神崩壊。

もし、ハロルドの誘いに乗ってたら。ハロルドと結婚するものの人の欠点を指摘し、自信を無くさせて思い通りにさせようとするハロルドのせいで整形しまくりやっぱり精神崩壊。

ハグをすれば病気が感染って死ぬし、蝶を踏まずに怪我してもやっぱりハグのせいで死に、不良集団のバイクを借りても死ぬ。

ここの若いエルモアの人々が良いんですよね。この結果を見るとバナナボブとハロルドは結構ぴったりな人と結婚してる。ハロルドなんか、トバイアスのママはかなりしっかりしてるし、強気な方ですからね。簡単には自信を失わなさそうだし、その結果ハロルドはすっかり尻に敷かれてるしw(若いハロルドを見てるとトバイアスに大丈夫、君もいつかピッタリなガールフレンドを見つけられるよ…と声をかけたくなる)

というかバナナボブやハロルドルートでは結婚まで至ってるのに、スモール先生ルートでは死んでるのがもうスモール先生様様って感じ。

そしてやっぱりリチャードと出会うことになるけど、他のルートに比べたら質素な結婚式を挙げても、ハロルドルートに比べたら小さな家にすんでも、3人の子供とリチャードといれる今のままが幸せで、このままでいいや、って思うニコルなのでした。

リチャードは本人も腹の出たピーターパンとか言ってるようにいつまでも下手したらガムボール達以上に子供のままだし、ニコルの悩みのタネの1つでもあるんだけど、この家族はリチャードじゃないと成立しないと思う。

情けないしだらしないしどうしようもない、クズなんだけど、それと同じくらい純真だし、その純真さがニコルの人生を変えたんだしね。

リチャード、なんだかんだ子供達の朝ごはんを用意したり、家事も(いい結果にはならないとはいえ)手伝おうとしたり、悪い親じゃないんだよな。

一応一家の主人としての自覚?もあるみたいだし。

っていうか、二人ってデキ婚だったんですね。協会ではなく野原みたいな場所での挙式、過去の回ででてきた結婚式やドレスとは違うんですが(設定が変わったとかメタ的な理由置いといたら)、もしかしたら二回行ったのかもしれませんね。

妊娠がわかってから必要な少人数だけ呼んで急ぎ足で式を挙げてしまったからガムボールが落ち着いてからもう一回、みたいな。ガムボールがニコルの結婚式のドレスを知ってたのは実際見てたからだったり?まぁ、ただの深読みですが…。

二人の式にスモール先生が出席してるの、すごくいいと思うんですよね。

以前「ガムボールとダーウィンオリジンからリチャードニコルオリジンもやったのだから、アナイスオリジンはないのかな」みたいなこと言ったことがあるんですが、一場面だけとは言え生まれたばかりのアナイスが映ったのでもうこれでいいんじゃないかなw

忘れがちですがアナイスまだ4歳なので結構最近の話しになっちゃうしね。しっかしアナイスが生まれるのがわかった時や実際生まれた直後のガムボール達の反応は見たいw相当妬いてたみたいだし。

二人の話に限らず運命というのは奇妙なものですから。実際に既婚の方やお子さんがいる方にはかなり刺さる回なんじゃないでしょうか。私みたいによく自分の過去について振り返る人間にもクリーンヒットでしたよw

でも実際、過去を後悔しても、その過去がなきゃ出逢えなかった人や物はいるわけですから。今はそう思えなくても、未来でそう思える出逢いがあるかもしれないし。

ニコルの過去の回想シーンでは本当泣きそうになった。ちょっと泣いた。

ワタソン家は最高だ!!


「ロマンチックに出会いたい」「ルールを設定しよう」

泣かせた後笑わせるのはガムボールの鉄板。長くなったので簡潔に行きます。

ロマンチックに出会いたいにでてきたロッキーの想い人、最初予告で見たときはロッキーの忘れられた双子の兄かと思いました。(なぜか日本語版CNのサイトのキャラ紹介ではロッキーに双子の兄弟がいる趣旨の紹介が載ってるんですが、日本語版サイト以外には見られない上に本編では全くそのような描写はない)

っていうか既婚子持ちのビリーママまで出会い系サイトに登録してるのはなんでなんだYO!

ボバートには人格のようなものがあると思ってるんですが、こういう融通のきかない面を見るたびに私たちがボバートだと認識してる人格はやはりただのプログラムなのではとしか思えなくなったり、こわい。


ガムボールはやっぱり面白いね!!シーズン1以降もDVD出してくれないかな…。