読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://katabamimicro.hatenablog.com/entry/2015/05/26/150601

PSポップン

最近、悩んでいることがあります。

以前の記事でも数回書いた通り私は音ゲーが好きなんですが(上手くないしむしろ下手)やるのは大体タブレットのものが多いです。

なぜかというと、家でできるからと、好きなシステムのものが多いから。

好きなシステムっていうのは…5つくらいレーンがあってそのレーンから流れてくるノーツを対応するボタンで押すってタイプですね。デレステ系。

これに関しては特にこだわりがないので例外は多いですが(cytusとかも好きなので)、私は不器用なので十字ボタンを押し変えたりする程度の操作でも頭がこんがらがって混乱するんです。なのでこっちの方が直感でできて好きですね。

うちには任天堂系ハードが多いので、となるとタッチ画面が付いてても同時押しに対応できない=上記のようなシステムのものが少ない(うたっちとか例外だろうけど)

もう一つは、私が引きこもりがちだから。それと、自転車で行ける距離にゲームセンターがない。

これが一番大きいですね。

そして、もし仮に私がアクティブで近所にゲームセンターがあったとしても、そこでゲームをプレイする度胸がない。

アーケードゲームをプレイしてる間って、神経がゲームに集中して無防備になるじゃないですか。

外出中、常に気を張って"まさかの事態"に備えてる私にとって、これは素っ裸で戦場のど真ん中に突っ立ってるも同然…(そもそも外出中気を張るせいで引きこもりなのです)

戦国時代だったら死んでたからな!!!みたいな。

まぁ、端的に言うと恥ずかしいってことです。

軟弱なチキンゲーマーの私にとっては家でできるって偉大なことなんですね。

じゃあ何に悩んでるかというと、アーケードで音ゲーをやりたいからです。

音ゲーっていうか、厳密に言うとポップンがやりたい。

なんでアーケードのポップンがやりたいかというと、まぁ…詰まる所、ボタンを押したいんです。

何がきっかけかプレイ動画を目にした時、カチャカチャ…ってボタンの打鍵音に「楽しそう…」って引き込まれてしまったんです。

私はゲームを買う時に一番重視するのは効果音じゃないかってレベルには効果音好きなので、打鍵音に反応してしまって。あんな小気味いい音するんですね……。

ポップンはあまりのやりたさにPSP版のソフトは買ったんですが、上記の通り不器用で要領の悪い私にとっては操作を覚える時点で難航。頭では理解してても指が追いつかない。悲しい状態になってまして。

十分楽しいんですけど、やっぱりアーケードでボタン押してやる感覚とは違ってくると思うし。アーケードやったことないけど。

運よく(?)アーケードのポップンを設置してあるゲームセンターを見つけたので、覚悟を決めてそこでやるしかないのか。地方のショッピングモールに併設のとこだけど、だからかえって人が少なくてイイ。以前行った時ぱっと見プレイしてる人は見当たらなかったし、これは初回プレイでありがちなもたつきがあっても誰も気にしなそう。

と、「もしかしたらプレイすることになるかもしれない。」覚悟を決めつつ"偵察"という名目でそのゲームセンターに向かったのがつい先日のことです。

結果はどうだったかというと……


結局プレイする勇気は湧かず、ボタンを2、3回押して撤退しました…………。


チキン…!!!!!!

でも、ボタン押せただけでもよかったんです。やっぱりボタン押すの楽しいなって思えたから。

アーケードもダメだったらもう方法ないんじゃないか、もういっそ「アーケード筐体を買って家においてやろうか」とまで考えた(この場合将来働いてお金が貯まったらとか10億円もらったらって前提なので、あぁーハワイに豪邸買いてぇーレベルの話です)はてに、諦めてコントローラーだけ買おうか、ってとこに至りました。

ボタンを押すのが楽しくて打鍵音を聞きたいだけなら、最悪コントローラーだけで十分。

PS、PS2版のポップンには専用のコントローラーもありまして。PSPよりはアーケードに近い感覚でプレイできるんですね。

amazonで中古買ったとしてもやや高い買い物になりますが、二ヶ月分我慢して貯めれば買える程の値段のものもあります。

PSだかPS2はうちにはあるけど、どこにあるかさっぱりだしね。コントローラーだけでも購入を検討しておこう。

PS2ポップンをできる環境を揃えようと思ったら下手したら数万かかる気もするしなぁ(今思うとそうでもない気はするけどこれ考えた当時は本気でそう思ってた)

その思いを母に話したら

「うちPSもPS2もあるじゃん」

いやいや、どこにあるかわからないしさぁー。引越しの時に捨ててるかも。

「あの部屋のキャビネットの端の方にあるアタッシュケースの中に入ってるよ」

ほ、ほら、接続するディスプレイとか…

「使ってないブラウン管テレビ使ったら?今も残ってるけど」

……………ヤバイ

何がヤバイって、下手したら数万円だと仮定してた要因が、一気に片付いた。

え…あとはソフト(中古だと安い)とコントローラー揃えるだけ…?割とすぐ用意できる金額でポップンをコントローラーでやる環境が整う………?

現実味を帯びてきた中で古いものも中々捨てない我が家の物持ちの良さ(めんどくさがりともいう)に感謝しました。

もし普通だったら使わないPS2も地デジ非対応のブラウン管テレビも処分してるか誰かに譲ってそうなのに。

ある意味奇跡かな?

今もまだソフトやコントローラーを買ったり、PS2をキャビネットから引っ張り出すまでには至ってないし迷ってる真っ最中ですが、展開の速さとあまりの"好都合"感にクラクラした出来事でした。

たいしたことない話ですが、最近ブログの更新怠ってるので公開しておきます。