顕微鏡の中

小さく活動しております。好きなことを好きなように書く!…つもり 詳しいプロフィール→http://profile.hatena.ne.jp/katabamikuro/profile

ポケットモンスター ダイヤモンド

今週のお題「ゲーム大好き」

私が初めてゲームを買ってもらったのは小学校にギリギリ入学してたころだったでしょうか。
両親から渡された白いDSのことは今も覚えています。箱にクローバーの飾りが付いてた。

初めて触ったゲーム機がDS(それもライト)だった私はいわゆる「現代っ子」なんでしょうが、そんな私でもゲームに対しては色々思い出があります。

DSを買ってもらった当時、私はソフトを一つしかもってませんでした。なのでそのソフトを繰り返し遊んでてやりこんでたわけですが、そんな私が出会ってすごく衝撃を受けたゲームソフトがあります。


ポケモンです。


私は幼いころからポケモンっ子で、毎週父が仕事の帰りに借りてくるポケモンのDVDが何よりも楽しみで毎週ポケモンサンデーは必ずチェックしていた幼き日の私。
しかしポケモンのゲームのことはなぜかよく知ってませんでした。

そんな私が遊びに行った友人の家で初めて知った「ゲームのポケモン」。

友人はそのときポケモンでなにをしていたのかは忘れましたが、一瞬で「面白い」と感じ「ゲームのポケモン」の虜になってしまいました。

当時の私はとにかくずる賢い子。

今だから告白しますが


友人のポケモンと私のソフトを交換して遊んで、何食わぬ顔で「ソフトのことをうっかり忘れた」設定で「友人のポケモン」を自分のDSに入れて持ち帰り、ソフトのことを思い出した友人から電話がかかってくるまで寝室の布団の中で隠れて友人のポケモンを遊んだあの日のことは忘れません。

当時の私にとって、「ゲームのポケモン」は盗人まがいのことをしてしまうほど魅力的だったんです。

その後、私は「ポケットモンスター ダイヤモンド」を無事に入手。
そこから私の長いポケモン漬けの日々ははじまったのです…。


手に入れた「ポケットモンスター ダイヤモンド」。最初のポケモンポッチャマを選びました。
ポッチャマと進む初めてのポケモン。そこの最初の草むら。最初の戦闘で私は運命のポケモンと出会ってしまいます。

そう


ムックルです



ムックル

このムックルを捕獲。

このムックル、すごくたくましくてあっという間にレベルは手持ちの中でトップに。

どんどんレベルがあがっていってムクバードに進化、そして最終進化系のムクホークに。


ムクホークは今でも大好きなポケモンです。今もXYでのエースはムクホークです。

もう何年も前のことなのでストーリーとかよく覚えてませんが、それでもやっぱり私の原点はポケットモンスター ダイヤモンドにあると思います。

その後DSが壊れたことによりDSiを買ってもらい、その数年後3DSが発売。
3DSを手にし、毎日のように3DSポケモンで遊んでる今でもたまにポケットモンスター ダイヤモンドを起動して遊ぶことがあります。

操作ももちろん今の最新作に比べたら悪いし技マシンの使い切りとかやりにくい部分もありますが、ドットのヒカリを操作してBGMや景色を楽しみながら相棒のムクホークシンオウ地方を旅する時は何年も前の自分に戻れる気がします。

もちろん成長した今だからこそ気づくこともありますが、それでも今の私が感じているBGMもドットもムクホークも、昔の私が眺めていたものと全く変わらず。

色んなソフトや新しいポケモンを遊び、三値を知り国際孵化や厳選で育て屋の前を自転車で爆走する今でも、昔を思い出す「ポケットモンスター ダイヤモンド」は私にとって特別なソフトで、大切な宝物です。